親の離婚と子供の離婚の関係

2014.3.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

科学的な根拠がわかっているわけではありませんが、親が離婚をした家庭では、その子供も離婚をする傾向があることが研究結果などでわかっています。ランダムに親世代と子の世代の双方で調査を行った結果、両親が離婚し、その後子の世代が結婚したものの、結果的に離婚に至ったケースが多数を占める結果となっていました。ただ、必ずしもそうなるという法則があるわけではないものの、その確率はかなり高いことがわかりました。一方、親世代が離婚をせずに結婚生活を続けていた場合、この世代も同様に結婚生活がうまくいくという結果が出ています。結果として親が離婚をすると、この世代でも負の連鎖が続いてしまうという傾向が見られました。特に、親が早くに離婚した場合、父親または母親のどちらかに引き取られることになります。その結果、親の愛情が半分になってしまうので、成長する過程で片方の親からの愛情を受けられないというマイナス要素が大きく影響してしまうのです。そのことが成長過程で影響を与え、結果的に自分が結婚して親になった時に、子供の頃の親の離婚が影響を及ぼしてしまうようです。このような研究結果は国内外で発表されており、親の離婚が子供の結婚生活に影響を及ぼしてしまいます。