離婚率の推移

2014.1.30|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

gf0240039759l

 

 

離婚がテーマのテレビドラマ少し前に流行りましたが、年々、離婚する夫婦が増えています。
理由としては、結婚のきっかけがお見合い結婚から恋愛結婚に推移していることが原因の一つとして挙げられます。
一昔前、昭和の時代には、お見合い結婚をするカップルが多かったですが、お見合い結婚の場合、初めて出会う場所がお見合いですから、お互いがお互いを尊重する気持ちが強くありました。
お見合いという場で「この人とは相性がいいかもしれない」と思いつつも、やはり初対面です。
自分の知らないことが多くて当然の相手と共に暮らし、一生一緒にいようと思うと、お互いどこか遠慮しながら生活をします。そうすることで、いざ自分の価値観と違う一面を知っても、受け入れたりして折り合いをつけ、一生一緒に生きていくことができるのです。
それに対して、恋愛結婚はまず一番に理想があります。
相手のいいところを知って、付き合い、カップルによっては同棲を経て結婚します。
付き合っているうちは嫌なところも見えずいいかもしれないですが、いざ結婚して一緒に暮らすと嫌なところを知ります。
理想とかけ離れていると、また新しい理想を求めて恋愛したくなる…恋愛結婚をする人の多くが、心のどこかにそういった性質を持っています。
離婚をしないのには、お互いがお互いを尊重し、気遣い合うことが大切だといえます。