妻の年収と離婚の関係

2014.3.12|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

 

 

結婚は人生の中で最も幸せなイベントのはずです。しかし、残念ながら愛を誓って結婚したのにも関わらず、離婚に至ってしまう夫婦は年々増加しています。やはり、離婚に至るにはそれなりの原因があるでしょう。浮気や育児、双方の家族の関係など挙げればキリがありません。そんな中で、最近の離婚原因として多いのが収入に関してです。これは、共働きの夫婦に起こり得る問題であり、妻の方が夫よりも年収が高い場合に発生します。基本的には、家庭は旦那が稼ぎ、嫁は家事や育児に専念する、というスタイルが多いです。しかし、1人の収入だけだと生活が成り立たなかったり、まだまだ仕事に対しての情熱がある奥様の場合には共働きになりますが、仕事に力を注ぎ続けた結果、奥様の年収が旦那様の年収を上回る事があるのです。このようなケースでは、高収入の方が家庭の中で決定権が強くなる傾向がありますので、旦那様にとっては、自分の居場所がなくなる感覚に陥るわけです。そして、奥様も自分の力で子供を養えるような財力を得る事に成功したので、些細な事でも離婚の引き金になるのです。このように、奥様の高収入は離婚を用意にするのです。もちろん、共働きが悪いわけではありませんし、夫婦でともに助け合う姿勢は立派です。しかし、あまりにも収入に逆格差が生まれると、夫婦間に深い溝ができてきそうです。